老後の資金を増やしたいという方は必見!「iDeCO」の仕組みとメリットを解説

老後の資金を増やしたいという方は必見!「iDeCO」の仕組みとメリットを解説

「iDeCO」は老後資金を自分で作る制度です!

「iDeCO」とは、「個人型確定拠出年金」の別称で、簡単に言うと老後の資金を自分で作れる制度です。60歳になるまでの間に毎月一定の金額を支払って、そのお金で投資信託や保険などの金融商品を自分で選択して運用していき、60歳以降に運用した資産を受取れるという仕組みとなっています。iDeCOを利用して資産を運用した場合、60歳時にどの位の資産になっているのかは、実際に60歳になった時でないと分かりません。上手く運用すれば積み立ててきた掛け金を上回る金額を手に入れる事がある一方、場合によっては元本に満たない可能性もあります。つまり、投資判断の全てを自分自身で行う事で、将来受け取れる資産を大きく増やせる事もできます。

「iDeCO」には税金が安いというメリットがある!

「iDeCO」には様々なメリットがありそのひとつが税金が安いという事です。iDeCOの場合、積み立てた金額の全てが所得控除されるため、所得税や住民税が軽減されます。確定申告や年末調整を行えば、所得や積み立てた金額に応じて納めた税金が返還されます。

またiDeCOを利用すれば、運用している間に得られた利益には税金がかからないというメリットもあります。基本的に投資信託によって得られた分配金や定期預金の利息などには一定の税金がかかりますが、iDeCOで運用すれば税金を納める必要はありません。

他にもiDeCOでは、運用する金融商品にかかる費用が安いのも魅力で、iDeCOで取り扱っている投資信託の多くが一般販売されている投資信託と比べると、運用している間に掛かる費用は低いと言えます。

iDeCO(イデコ)とは「個人型確定拠出年金」の愛称であり、老後に受取れる資産を自分で形成する為の制度です。お得な税制優遇が受けられることが、最大のメリットになっています。