金融事故を起こしてクレジットカードが持てなくなってもデビットカードがある!

金融事故を起こしてクレジットカードが持てなくなってもデビットカードがある!

債務整理後にクレジットカード審査に通るのは厳しい

過去に債務整理をした経験があると、クレジットカードの審査に申し込んでもまったく通らなくなる可能性が高くなります。たとえ、債務整理後の生活が安定していて、きちんとした会社に勤め、安定した収入があったとしても、審査において金融事故を起こした経験はかなりのマイナスになってしまうからです。

その場合、クレジットカードを持たずに生活を送ることももちろん可能ですが、不便な点は多くなるでしょう。たとえば、ネットショップで買い物をする際、いちいち銀行振り込みの手続きをしたり、あるいはコンビニまで行って振込用紙で支払うことになるからです。

デビットカードは基本的に無審査で発行される

では、クレジットカードを持てない人でも、その利便性を手に入れることは可能でしょうか。これは、デビットカードを持つことである程度可能になります。

デビットカードは、債務整理をした人に対しても基本的には発行されます。クレジットカード会社と提携し、番号を提供されているタイプのデビットカードであれば、ネットショップなどで、その番号を入力することでクレジットカードとして支払うことができるのです。そのため、銀行振り込みをしたり、コンビニに行くという手間が省けます。

また、月次決済可能なタイプのデビットカードであれば、毎月の携帯電話料金を払ったり、有料動画サービスの料金を支払うことも可能です。ただ、支払いを受ける側がデビットカードの番号を登録しようとしても弾くこともあるので、どんなサービスでもデビットカードで決済できるというわけではありません。

決済代行の便利なところは現金がなくても買い物ができるところです。ネットショッピングが特に便利ですぐ決済することができます。