贈与税の仕組みを利用して活用!!贈与にならない贈与に注意!!

贈与税の仕組みを利用して活用!!贈与にならない贈与に注意!!

贈与税の仕組みを理解して贈与をする

株などで儲けがあると税金があります。給料などをもらっても税金がかかります。これらにかかる税金は所得税です。それ以外に資産が移転した時に税金がかかるときがあります。ある人から別の人にお金や資産が移転した時にかかり、大きく分けると贈与税と相続税があります。ある人から別の人への移転は他人同士でも該当しますが、親子などの家族も該当します。相続税を減らそうと親子間で資産の移動を事前にしていると、贈与と認められて贈与税がかかるかもしれません。贈与税は相続税よりもかかりやすいので、安易に贈与をするのは良くありません。しかし、贈与税の仕組みを理解した上で行えば有効な相続税対策になります。毎年110万円までの贈与なら税金がかからない仕組みを活用しましょう。

生前贈与が贈与にならない時を知っておく

家族が亡くなると葬式などの儀式を行います。悲しみに暮れる間もなく相続の話をする必要があります。放棄や限定承認をするには3箇月以内に行わなければならず、申告や納税も10箇月以内に行わなければいけません。故人がいろいろと相続税対策をしていたおかげで税金がかからなかったり少なくなると思っていたら、実は上手く対策ができていない時があります。生前贈与をするとき、単に他人の名義の口座を作って振込むだけで贈与をしたつもりになるかもしれません。これだと贈与とはならず、振込んだ人の資産になります。自由に使える口座などに振り込む必要があります。さらに贈与契約書の作成が重要な証明になります。ただ、毎年同じような贈与だとまとめられてしまう可能性があるので注意しましょう。

相続税の税理士を埼玉で探す場合、出張対応にも臨機応変に対応してくれるケースがあるので自身が住む市外も探すのが良いでしょう。