小規模宅地等の特例を利用することによって節税が可能!

小規模宅地等の特例を利用することによって節税が可能!

小規模宅地等の特例とは

小規模宅地等の特例に関しては、相続をする土地の評価額を低く抑えるシステムです。一般的に考えて土地の評価額に関しては高額になり易いですが、こちらの小規模宅地等に当て嵌まる土地は一定面積まで50%~80%の割合でカットされることになります。要するに、土地の相続をする人にとりましては節税に関する効果が高いと言えます。減額割合は状況次第で異なり、ひとつの例として亡くなられた被相続人が住まい用の土地として用いていた場合は330平方メートルまで80%がカットされることになります。余った土地を駐車場といった貸付事業に活用している場合でも200平方メールに至るまで50%がカットされますので、ビジネスを行っていない方も意識しておくと賢明でしょう。

必要となる適用要件とは

特例が適用される要件は、基本として住まい用の土地で引き続いて居住する事、ビジネス用の土地においては事業を継続する事と考えましょう。ひとつの例として、住まい用の土地は被相続人の配偶者、あるいは同居している親族が相続すると適用可能ですし、そういった相続人がいない状況でも同居を行っていない親族が過去3年間に同居をしないで賃貸暮らしをすれば適用することができます。ビジネス用の土地は細々とした相違はあるものの、申告期限までビジネスを引き継いで継続している事、土地を保持している事が必要な要件となります。しかしながら、被相続人、あるいはその親族などがマネージメントする特定法人に土地を貸し付けている場合は、相続人が法人の役員で無い限り適用することはできません。

相続税の税理士を神奈川県で探すのは、よりどりみどりです。全国で2番目に人口の多い神奈川は相続税申告件数も東京に次いで2番目に多く、税理士事務所が多数あるため、自分に合った税理士を探すことができます。