返済義務がなくなる!?時効援用というサービス

返済義務がなくなる!?時効援用というサービス

長期間に渡る借金返済

借金返済は借り入れの翌月から始まりますが、借り入れ金や返済額によっては返済生活も長期に及ぶ場合があります。完済しないと借金返済は永遠に続くわけですが、最後に借金返済を終えてから5年以上が経過する場合は、時効により返済する必要がないかもしれません。それを時効援用と呼びます。

返済義務がなくなる時効援用とは?

時効により借金返済義務が消滅する時効援用ですが、適用を受けるには自然な流れを待つのではなく、債権者に対して時効援用を行うと伝える必要があります。本人が意思表示することで初めて時効援用の利益が認められるため、条件にあてはまる場合は見直してみると良いでしょう。

時効援用が成立する期間

時効援用には法律上の決まった手続きがあるわけではないため、法的な方法で債権者に対し話を持っていくなら、日付がハッキリと確定できる内容証明郵便を送付します。また消費者金融や銀行の場合は時効援用の期間は5年ですが、個人間の債権の場合は10年です。

時効援用は電話でも可能なの?

口頭でも時効援用は可能ですが、日付が残らない分、曖昧な取引になる場合もあります。また債権者による言葉の誘導により、債権を認めてしまうと時効援用が行使できなくなります。意思を明確に伝えることは大切ですが、文章に残す方が後々のトラブルを避けられます。

時効援用の利用料金について

時効援用は任意整理の料金が適用されます。手続きをした債権者の数と内容証明郵便の手続き代金によって、時効援用の利用料金は決定されます。支払方法には一括払いの他にも、分割払いや前払いがあります。

時効援用は、多重債務者や返済困難者の救済のために認められる手続きです。残った借金の返済が免除されます。