高校中退後就職するために

高校中退後就職するために

何かしらの事情で高校を中退しなければならないという場合があるかもしれません。学歴社会という言葉があるように、就職する際には学歴が求められることは多々あります。応募要項に高卒以上や大卒以上というワードが記載されている場合、高校を中退した人はその候補にすら挙がりません。

しかし、就職を諦める必要はありません。学歴社会とはいえ、学歴不問で働ける仕事は数多く存在します。パートやアルバイトだけではなく、正社員として働くことも十分に可能だといえるでしょう。高校や大学を卒業した人と比較すると選べる仕事は少なくなるかもしれませんが、諦めずに自分に合った仕事を探してみることが大切です。

夜間の高校や高卒認定など選択肢はさまざま

一度高校を中退しても、再び学びなおすことは可能です。

まずは夜間の高校に通うという選択肢が挙げられます。昼間学校に行くことが難しい人でも、夜間の高校であれば働きながら通うことも可能になるでしょう。

文部科学省が認める高卒認定試験をパスするという手もあります。高卒認定試験を合格すると、高校卒業と同等以上の学力があることを国に認められます。

また、通信制の高校に通う方法もあります。夜間の学校に通学するのが難しい生活環境に置かれていても、通信制の場合は自宅で学習を行うことができます。時間に縛られることなく、空いた時間に学習できるのも大きなメリットといえるでしょう。高校を中退しても新しくリスタートすることは十分に可能です。広い視野を持って自分の将来を見つめ直してみましょう。

高校中退はデメリットが多いように思われますが、人より早く仕事に就ける分、たくさんの収入を得られる可能性があります。また早く自立できます。