相続税の基礎控除とは?!相続税は全員が納めるわけではないのです

相続税の基礎控除とは?!相続税は全員が納めるわけではないのです

相続税は誰が納めるの?!

故人から遺産を相続したとき、気になるのが相続税についてではないでしょうか。相続税は遺産に対してかかる税金の一つですが、実は遺産を相続した人全員が納めなければならないものではないのです。相続税には基礎控除というものがあり、この基礎控除を超える金額に対して相続税がかかります。つまり、相続した遺産が基礎控除以内の金額の場合は、相続税を納める必要はありません。それでは相続税の基礎控除額とはいったいいくらなのでしょうか。相続税の基礎控除額の計算式は、3000万円+法定相続人×600万円=相続税の基礎控除額、と決められています。相続税はこの金額を超える遺産を相続したときのみ納めなければならないのです。

法定相続人とは誰のこと?!

それでは相続税の基礎控除額を計算するために必要な「法定相続人」とは誰のことなのでしょうか。まず、故人の配偶者は優先的に法定相続人になります。なぜなら、故人と生活をともにしていた配偶者の生活の安定を、優先的に確保しなければならないからです。故人の配偶者も既に亡くなっている場合や離婚をしている場合は、故人の子・両親・兄弟姉妹という優先順位で法定相続人が決まります。それでは、故人に内縁の妻や将来結婚を約束して長年連れ添っている大切な人は法定相続人になることができるのでしょうか。法律的に法定相続人かどうかを判断するとき、婚姻関係にあるかどうかが重要になります。そのため、内縁の妻や大切な人たちは、どれだけ故人と固い絆で結ばれていても法定相続人になることはできないのです。

相続税の相談を横浜で申し込む予定があるなら最適です。相続税の問題に強い税理士が多いために、実績などを比較しながら選択することができます。