美容師になりたい? 専門学校で学んでみよう!

美容師になりたい? 専門学校で学んでみよう!

美容師になるにはどうしたらいい?

美容師は人の外見を整えることを役割とした職種です。髪を切ったり髪型を整える業務が代表的ですが、顔の化粧やネイルケアなども業務にふくまれます。髪を切ったり化粧を施したりすることを仕事として行うためには、国家試験に合格すると取得できる免許が必要です。試験を受けるには美容師を養成する施設で学ばなければいけません。この施設はいわゆる「専門学校」で、3年程度をかけて基礎的な知識や技術を学びます。無事に免許を取得できれば、美容室に就職すれば美容師としてのキャリアのスタートです。さらに経験を積めば、自分で美容室を経営することも不可能ではありません。美容室の経営や勤務ではなく、映像制作や舞台興行における衣装・メイク担当として活躍する可能性もあります。

専門学校で学ぶこととは

美容師を養成する専門学校では、資格の取得を目指して基本的な知識や技術を教えてくれます。講師は美容師としての勤務経験がある人物が大半で、現役美容師が講師に招かれることもあります。美容技術を身につけるには実際に手を動かすことが欠かせないため、実技の時間が多めになるのが一般的です。免許を取得し、美容師として働くには技術の正確さだけではなくスピードも大切なので、放課後に自主的な練習をしなければいけない場合もあります。学校側もそうした事情を把握しているので、自習に使える設備を用意しているのが通例です。進学する専門学校を選ぶときには、学費や通いやすさのほかに国家試験や就職のサポート体制をチェックしてください。学校説明会に参加して、わからない点はどんどん質問するとよいでしょう。

美容の専門学校は、美容師やネイリストをはじめとした美容のプロを目指す上で役立ち、資格取得や就職に対するバックアップ体制も整っています。