ビットコインって何?その仕組みや価値変動の歴史

ビットコインって何?その仕組みや価値変動の歴史

ビットコインとは?既存の通貨とは何が違うの?

ビットコインとは仮想通貨の一種であり、私達が普段使用しているドルや円といった通貨とは根本的に異なる存在であると言えます。どういった点が異なるかといえば、既存の通貨は国家や政府といった機関が強固なセキュリティによって中央集権的に管理運用しているのですが、ビットコインは世界中の有志の端末を使用し、取引をオープンにする事によってその透明性を保ち、その仮想通貨の価値(信頼性)を担保しているといった仕組みになっています。

ビットコインの危機?マウントゴックス事件

正に既存の概念を覆した未来のテクノロジーと言っても過言ではないビットコインですが、その歴史は勿論順風満帆ではなく、場合によっては壊滅的と言えるかもしれない出来事もありました。

その代表的なものとしては、やはりマウントゴックス事件が挙げられるでしょう。マウントゴックスとはビットコインの取引所であり、一時期は世界最大とも言える取引規模があったのですが、2014年に65万ビットコインと28億円を消失したという形で破綻しました。これにより、世間でのビットコインや仮想通貨といったものに対するイメージは、ネガティブな方向へ傾いたと言えるでしょう。

それでも価値は上昇。ビットコインの将来性。

そういった事もあり、一時はその存在が危ぶまれたビットコインでしたが、ビットコイン自体の信頼性に揺らぎがあったわけではなかったため、その後も順調に値幅を伸ばし、ついには100万円を超える値が付けられました。とはいえ、仮想通貨自体がまだまだ新しい概念であるため、社会に浸透するにはそれなりの時間を必要とするでしょうが、いずれは様々な店舗で使用したり、個人間の資金のやり取り等に利便性を発揮してくれる事を期待する次第です。

ここ数年でビットコインは格段に価値が高くなっています。外国為替市場も上昇してる傾向にあります。したがってビットコインでFXは、ただ円でFXをするよりもリターンが大きくなります。